同一労働同一賃金に関する新たなリーフレットを公表(厚労省)

厚生労働省から、リーフレット 「パートタイム・有期雇用労働法が施行されます」などが公表されました。

「パートタイム・有期雇用労働法」は、現行のパートタイム労働法の名称を改めたものです。

働き方改革関連法による法改正によって、パートタイム労働法の対象に有期雇用労働者も含めることとし、そのような名称に変更されることになりました。

これは、同一労働同一賃金の実現に向けた法改正の一環であり、その施行は、 2020(平成32)年4月1日(中小企業では1年遅れの適用)とされています。

この法改正に対応するための自社の制度の整備には、時間を要することが予想されます。

これらのリーフレットなども参考にして、準備を進めるようにしましょう。

(詳しくは、こちらをご覧ください。)
・ リーフレット 「パートタイム・有期雇用労働法が施行されます」(厚生労働省PDF)
https://www.mhlw.go.jp/content/000471837.pdf
・ パンフレット「平成30年度労働者派遣法改正の概要<同一労働同一賃金>(厚生労働省PDF)
https://www.mhlw.go.jp/content/000473039.pdf
・ リーフレット「雇用形態に関わらない公正な待遇の確保」【省令・指針反映版】 (厚生労働省PDF)
https://www.mhlw.go.jp/content/000474490.pdf


(「パートタイム・有期雇用労働法対応のための取組手順書」 は、こちらをご覧ください。)

・ 「パートタイム・有期雇用労働法対応のための取組手順書」 閲覧用ファイル(厚生労働省PDF)
https://www.mhlw.go.jp/content/000468444.pdf
・ 「パートタイム・有期雇用労働法対応のための取組手順書」 印刷用ファイル(厚生労働省PDF)
https://www.mhlw.go.jp/content/000467476.pdf