令和2年3月からの外国人雇用状況の届出 在留カード番号の記載が必要に(厚労省)

厚生労働省から、「令和2年3月から外国人雇用状況の届出において、在留カード番号の記載が必要となります」という案内がありました(令和2年2月4日公表)。

以前にも紹介させていただいた内容ですが、制度変更のスタートまで1か月を切ったところで、厚生労働省も周知に力を入れているようです。

なお、制度変更の内容を分かりやすくまとめたリーフレットも公表されていますが、令和2年1月9日からの ハローワークインターネットサービスのURL変更に伴い、新たなリーフレットに差し替えているということです。

(詳しくは、こちらをご覧ください。)

・外国人を雇用する事業主の方へ 令和2年3月から外国人雇用状況の届出において、在留カード番号の記載が必要となります。(厚生労働省PDF)
https://www.mhlw.go.jp/content/000592090.pdf

・届出様式について(厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/gaikokujin/gaikokujin-koyou/07.html