新型コロナウイルス対策 1年単位の変形労働時間制の労使協定の変更、解約について

「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)令和2年3月11日時点版」において、次のような見解が示されています。

●労働基準法第32条の4においては、労使協定において、1年以内の変形期間を平均して1週間あたりの労働時間が40時間を超えない範囲内で、1週に1回の休日が確保される等の条件を満たした上で、労働日及び労働時間を具体的に特定した場合、特定の週及び日に1日8時間・1週40時間の法定労働時間を超えて労働させることができるとされています。
中略
今回の新型コロナウイルス感染症対策により、1年単位の変形労働時間制を既に採用している事業場において、当初の予定どおりに1年単位の変形労働時間制を実施することが困難となる場合も想定されます。
1年単位の変形労働時間制は、対象期間中の業務の繁閑に計画的に対応するために対象期間を単位として適用されるものであるので、労使の合意によって対象期間の途中でその適用を中止することはできないと解されています。
しかしながら、今回の新型コロナウイルス感染症への対策による影響にかんがみれば、当初の予定どおりに1年単位の変形労働時間制を実施することが企業の経営上著しく不適当と認められる場合には、特例的に労使でよく話し合った上で、1年単位の変形労働時間制の労使協定について、労使で合意解約をしたり、あるいは協定中の破棄条項に従って解約し、改めて協定し直すことも可能と考えられます。
ただし、この場合であっても、解約までの期間を平均し、1週40時間を超えて労働させた時間について割増賃金を支払うなど協定の解約が労働者にとって不利になることのないよう留意が必要です。

この件について、一部の都道府県労働局から、必要な書類の様式なども盛り込まれた詳しいリーフレットが公表されています。

(詳しくは、こちらをご覧ください。)

・新型コロナウイルス感染症対策に伴う変形労働時間制の労使協定の変更解約について(厚生労働省PDF)
https://jsite.mhlw.go.jp/shiga-roudoukyoku/content/contents/000616115.pdf