令和2年度の地域別最低賃金 厚労省が全国一覧を公表

厚生労働省から、令和2年度の「地域別最低賃金の全国一覧」が公表されました。
 
令和2年7月下旬に中央最低賃金審議会が示した「令和2年度地域別最低賃金額改定の目安について(答申)」では、「引上げ額の目安を示すことは困難であり、現行水準を維持することが適当」とされましたが、地方最低賃金審議会の判断で、小幅ながらも引き上げを行う県もありました。
 
令和2年度の地域別最低賃金の改定のポイントは、次のとおりです。
・最低賃金の引き上げを行ったのは40県で、1円~3円の引き上
・改定後の全国加重平均額は902円(昨年度901円)
・最高額(1,013円)と最低額(792円)の金額差は、221円(昨年度は223円)
・最高額に対する最低額の比率は、78.2%(昨年度は78.0%)
 
全国加重平均で、前年度は27円、前々年度は26円と大幅な引き上げが続いていましたが、今年度は1円のみの引き上げとなっています。
静岡県の最低賃金は885円で変更がありません。

(詳しくは、こちらをご覧ください)

・地域別最低賃金の全国一覧(厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/index.html