テレワークモデル就業規則の作成の手引きが公表されています(厚労省)

厚生労働省から、「テレワークモデル就業規則 作成の手引き」が公表されています。

通常勤務とテレワーク勤務(在宅勤務、サテライトオフィス勤務及びモバイル勤務など)において、労働時間制度やその他の労働条件が同じである場合は、就業規則を変更しなくても、既存の就業規則のままでテレワーク勤務を実施することができます。
しかし、従業員に通信費用を負担させるなど通常勤務では生じないことがテレワーク勤務に限って生じるような場合には、就業規則の変更が必要になります。

また、テレワーク勤務の導入に際して、フレックスタイム制を採用したい場合は、既存の就業規則にその規定が定められていなければ、就業規則の変更が必要になります。

一般的に、テレワーク勤務を導入する場合、就業規則に次のことを定める必要があります。
・テレワーク勤務を命じることに関する規定
・テレワーク勤務用の労働時間を設ける場合、その労働時間に関する規定
・通信費などの負担に関する規定

手引きでは、テレワークに関係がある労働基準法などの根拠法令の説明などを織り交ぜて、さまざまなパターンの就業規則の規定例が紹介・解説されています。

(詳しくは、こちらをご覧ください)

・テレワークモデル就業規則 作成の手引き(厚生労働省 PDF)
https://telework.mhlw.go.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/teleworkmodel.pdf