振替休日と代休の違いとは何ですか?

一般的な回答であるため、すべての企業に適用できるものではありません。また、わかりやすく表現するためと、法改正により内容が古くなり、すべて正確に表現できていない場合もあります。当事務所では掲載内容の責任は負いません。判断や行動をする前に、専門家の方やそれぞれの行政機関・事務所にご相談やご確認などしてください。

 

振替休日とは、はじめに休日と定められていた日を労働日として、その代わりに他の労働日を休日とすることをいいます。はじめに休日と定められた日が労働日となり、振り替えられた他の労働日が休日になります。(事前に振替日を特定する必要があります。)

そのため、はじめに休日であった日に労働させた日については、休日を労働にならないため、割増賃金が発生しません。
ただし、労働日となった週が40時間を超える時間外労働になった場合には、割増賃金を支払う必要があります。

 

それに対して代休とは、休日労働の事実が発生した後に、その代償として休日を与えることをいいます。(事後の振替になります。)
振替休日と違って、事前に振替日を特定していないため、休日労働の事実はなくなりません。そのため、休日労働分の割増賃金部分を支払う必要があります。

労働基準法では、代休に関する規定はありませんので、会社が社員に代休をあたえるかどうかは任意になります。
労働基準法上では、法定休日に労働させた場合であっても、割増賃金を支払えば法違反にはなりません。