パート労働者で、前年度からの繰越分と合わせると有給休暇が10日以上になります。この場合、年5日の使用者の時季指定の対象になりますか?

一般的な回答であるため、すべての企業に適用できるものではありません。また、わかりやすく表現するためと、法改正により内容が古くなり、すべて正確に表現できていない場合もあります。当事務所では掲載内容の責任は負いません。判断や行動をする前に、専門家の方やそれぞれの行政機関・事務所にご相談やご確認などしてください。

前年度の繰越分と合わせて10日以上になったとしても、使用者による時季指定(5日の取得義務)の対象にはなりません。
当年度に新たに与える法定の労働日数が10日以上の労働者が、使用者による時季指定義務の対象になります。(基準日単位で判断することなります。)

 

週の所定労働日数が4日以下(または年間労働日数216日以下)でかつ週労働時間が30時間未満の場合には、有給休暇は比例付与になります。

例えば、週の所定労働日数が3日で入社から6か月経過すると有給休暇は5日となります。この場合の労働者は、入社から5年6か月経過してから、有給休暇が10日以上の付与となり、使用者による時季指定(5日の取得義務)の対象となります。

週の所定労働日数が4日の労働者の場合には、入社から3年6か月経過してから、使用者による時季指定(5日の取得義務)の対象となります。

 

(週所定労働日数が4日以下かつ週所定労働時間が30時間未満の労働者の日数)

週所定
労働日数

1年間の所定
労働日数
入社から起算した継続勤務期間
6か月 1年6か月 2年6か月 3年6か月 4年6か月 5年6か月 6年6か月以上
4日 169日~216日 7日 8日 9日 10日 12日 13日 15日
3日 121日~168日 5日 6日 6日 8日 9日 10日 11日
2日 73日~120日 3日 4日 4日 5日 6日 6日 7日
1日 48日~72日 1日 2日 2日 2日 3日 3日 3日

(参考)

・年5日の年次有給休暇の確実な取得わかりやすい解説パンフレット(厚生労働省PDF)
https://www.mhlw.go.jp/hatarakikata/img/download/000463186.pdf

・年次有給休暇の時季指定(厚生労働省 働き方改革特設サイト)
https://www.mhlw.go.jp/hatarakikata/salaried.html