法定労働時間と所定労働時間の違いは?

あくまでも一般的な回答であるため、すべての企業に適用できるものではありません。また、わかりやすく表現するためと、法改正により内容が古くなり、すべて正確に表現できていない場合もあります。当事務所では掲載内容の責任は負いません。判断や行動をする前に、専門家の方やそれぞれの行政機関・事務所にご相談やご確認などしてください。

法定労働時間とは、

労働基準法第32条の労働時間(1週40時間、1日8時間)のことをいいます。

(労働時間)
労働基準法第32条 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。

2 使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除く1日について8時間を超えて、労働させてはならない。

※週の労働時間については、常時10人未満の労働者を使用する商業、映画・演劇業、保険衛生業、接客娯楽業については、週の法定労働時間が特別に44時間となっています。

※語尾が「労働させてはならない」となっているため、36協定を締結しない限り、法定労働を超えて労働させることは禁止されていて、法律違反となります。

1週40時間、1日8時間と、労働時間の原則的な考え方を労働基準法第32条で規定していますが、多様な働き方に柔軟に対応するため、「変形労働時間制」(労働基準法第32条の2~第32条の5)、「みなし労働時間制」(労働基準法第38条の2~第38条の4)、「労働時間等に関する規定の適用除外」(労働基準法第41条)などの例外措置があります。

所定労働時間とは、

会社が、労働契約(就業規則)で定めている始業から終業までの時間(拘束時間)から休憩時間を差し引いた時間をいいます。原則として、法定労働時間の範囲で定めます。