飲食の接待やゴルフへ行く時間は労働時間ですか?

あくまでも一般的な回答であるため、すべての企業に適用できるものではありません。また、わかりやすく表現するためと、法改正により内容が古くなり、すべて正確に表現できていない場合もあります。当事務所では掲載内容の責任は負いません。判断や行動をする前に、専門家の方やそれぞれの行政機関・事務所にご相談やご確認などしてください。

業務が終了した後に、取引先の方と飲食をしたり、休日にゴルフへ行ったりすることがあります。

業務とまったく関係がないとは言えませんが、主に、親睦を深めることが目的と考えられるため、飲食やゴルフは使用者の指揮命令下にあたるとは言えませんので、原則として労働時間には当たりません。

ただし、飲食やゴルフへ出ることが、業務上の高い必要性に基づいて、積極的な特命により行われるものならば、使用者の指揮命令下にある時間と考えられるため、労働時間に当たることもあり得ます。

労働時間であるか判断に迷うこともありますが、労働時間は、実態として「労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間」で客観的に決まるということから判断します。

(参考判例)
ゴルフコンペへの「出席が業務の遂行と認められる場合もあることを否定できないが、しかしそのためには、右出席が、単に事業主の通常の命令によってなされ、あるいは出席費用が、事業主より、出張旅費として支払われる等の事情があるのみではたりず、右出席が、事業運営上緊要なものと認められ、かつ事業主の積極的特命によってなされたと認められたものでなければならない」(高崎労基署長事件 前橋地裁 昭50.6.24判決)