パートやアルバイトも雇用保険に入させないといけませんか?

あくまでも一般的な回答であるため、すべての企業に適用できるものではありません。また、わかりやすく表現するためと、法改正により内容が古くなり、すべて正確に表現できていない場合もあります。当事務所では掲載内容の責任は負いません。判断や行動をする前に、専門家の方やそれぞれの行政機関・事務所にご相談やご確認などしてください。

「パート」「アルバイト」でも一定の基準に該当すれば、雇用保険の被保険者になります

「パート」「アルバイト」という名称、事業主や労働者の希望の有無に関係なく、以下の(1)および(2)の適用基準に該当すれば、雇用保険の被保険者となります。事業主は「雇用保険被保険者資格取得届」を、被保険者となった日の属する翌月10日までに提出します。

適用基準
(1)31日以上引き続き雇用されることが見込まれる者であること。
具体的には、次のいずれかに該当する場合をいいます。

  • 期間の定めがなく雇用される場合
  • 雇用期間が31日以上である場合
  • 雇用契約に更新規定があり、31日未満での雇止めの明示がない場合
  • 雇用契約に更新規定はないが同様の雇用契約により雇用された労働者が31日雇用された実績がある場合
    ※当初の雇い入れ時には、31日以上雇用されることが見込まれない場合であっても、その後31日以上雇用されることが見込まれることとなった場合には、その時点から雇用保険が適用されます。

(2)1週間の所定労働時間が20時間以上であること