有給休暇を買い取りしてもいいんですか?

あくまでも一般的な回答であるため、すべての企業に適用できるものではありません。また、わかりやすく表現するためと、法改正により内容が古くなり、すべて正確に表現できていない場合もあります。当事務所では掲載内容の責任は負いません。判断や行動をする前に、専門家の方やそれぞれの行政機関・事務所にご相談やご確認などしてください。

有給休暇は、現実に労働者に与えなくてはいけません。

「年次有給休暇の買上げの予約をし、これに基づいて法第39条の規定により請求し得る年次有給休暇の日数を減じないし請求された日数を与えないことは、法第39条の違反である。」(昭和30年11月30日、基収4718号)とされていて、有効期間中に有給休暇を買い取ってはいけません。

ただし、①会社で労働基準法を上回って法定外に与えている日数分を買い上げたり、②法定で定められている日数を、2年の時効で消滅するものを2年経過後に買い上げたり、③退職する労働者の未消化の有給休暇を退職時に買い上げたりすることは違法ではありません。

この有給休暇の買い上げは、使用者の義務でなく自由なので金額にも制限はありません。また、有給休暇の買い上げについては、使用者が許容する限り認められるものなので、使用者が買い上げに応じる義務はありません。