資格取得届、被扶養者(異動)届などについて、「令和」対応の様式を公表(日本年金機構)

日本年金機構において、各種の手続きを紹介するページが、2019年5月7日に更新され、そこで紹介されている届出の様式が、「令和」に対応したものとなっています。

「令和」に対応していない旧様式も、元号を訂正すれば使うことができますが、新様式を使ったほうが、訂正作業もなくスムーズに手続きが進むかもしれません。

主要なものは次のとおりです。

(詳しくは、こちらをご覧ください。)

・ 従業員を採用したとき(日本年金機構ホームページ)
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/kenpo-todoke/hihokensha/20140718.html
・従業員が退職死亡したとき(日本年金機構ホームページ)
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/kenpo-todoke/hihokensha/20140722.html
・家族を被扶養者にするとき、被扶養者となっている家族に異動があったとき、被扶養者の届出事項に変更があったとき(日本年金機構ホームページ)
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/kenpo-todoke/hihokensha/20141224.html
・ 定時決定のため、4月~6月の報酬月額の届出を行うとき(日本年金機構ホームページ)
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/kenpo-todoke/hoshu/20141225.html
・ 随時改定に該当するとき(報酬額に大幅な変動があったとき) (日本年金機構ホームページ)
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/kenpo-todoke/hoshu/20141224.html