パワハラ・セクハラで元社長を提訴へ

「ある農業機器メーカーの社員が、元社長から日常的にパワハラやセクハラを受けていたとして、近く、損害賠償を求め元社長を提訴する」という旨の報道がありました。

社員らが、今月5日に会見を行い明らかにしたものです。会見によると、次のようなハラスメントを受けていたとのことです。
(元社長から)
・息子が生まれて間もなかったが、「こんな親に育てられる息子はかわいそうだ、ろくな人間にならない」といわれた(男性社員)。
・彼氏はいるのか、性交渉したことあるのかと聞かれた(女性社員)。
・体を触られるなどのセクハラを受けた(女性社員)。
その他、「お前は腐ったみかんだ」、「人間のくず」などと言われたなどと社員が訴えました。
録音テープも公表。「あほか、お前は、ぶっ飛ばすぞ」と、どう喝する様子も明らかに・・・

元社長は、今年2月に代表取締役を解任されましたが、これまでに30人以上が退職に追い込まれたということで、会見を開いた社員らは、今月中にも、元社長に損害賠償を求める訴訟を起こすとのことです。

この事例は、加害者が社長、内容も過激、あまりにひどすぎて異例といえるかもしれません。ここまで露骨なパワハラ・セクハラはないにしても、ちょっと声を荒げて注意してしまったことが、「パワハラ」と受け取られるようなケースもあります。

ここ最近、特にパワハラの話題がよく報道に上ります。被害を訴える労働者が増加していることは明らかで、防止対策の強化が求められています。
厚生労働省も、パワハラの専用サイト(明るい職場応援団)を作成したり、検討会(職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会)を立ち上げるなどして、防止対策の更なる強化を模索しています。

〔確認〕厚生労働省のパワハラの専用サイト(明るい職場応援団 HP)
http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/foundation/