日銀が短観(2017年3月)を公表 人手不足が深刻化

今月3日、日本銀行は、第172回全国企業短期経済観測調査(2017年3月)の結果を公表しました。

この調査(「短観」)は、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを目的として、日銀が、四半期ごとに行う統計調査です。所定の調査表による郵送およびオンライン調査で、今回の調査対象企業は、全国の10,799社(大企業2,118社、中堅企業3,011社、中小企業5,670社)。回答率は、全体で99.4%でした。

今回の調査では、大企業・製造業の業況判断指数が2四半期連続で改善するなど、景気の回復基調が続いていることを示しました。
しかし、人手不足が深刻化しているようで、そこに着目した報道がいくつか見られました。雇用判断指数で労働力の「不足」を訴える企業が「過剰」とする企業を大きく上回り、25年ぶりの水準ということです。企業における人手不足感はバブル末期なみの印象ということですね。これにより、先行き景況感が悪化しているとのことです。

麻生財務大臣は、今月4日の閣議後の会見で、人手不足を背景とした先行き景況感の悪化が示されたことに関し、「労働不足には外国人労働やロボット、人工知能(AI)や規制緩和などを総動員してやっていかなければならない」といったことを述べたということです。

大手企業では、魅力ある人事制度や、多様な働き方の仕組みなどを導入して、優秀な人材を確保しようという動きも見られます。企業によってできることは異なるでしょうが、各企業において、マンパワーの確保を考えなければならない時代といえそうです。

今後は、中小企業でも自社にあった人事制度などを導入して、社員の能力アップと社員の定着を図ることは必須になっていくことと思います。

(参考)
日銀、短観(2017年3月)については、こちらをご覧ください(要旨のみ紹介。最後の方に雇用判断指数〔DI〕があります)。
・短観(要旨)(2017年3月)(日本銀行ウェブサイト)
http://www.boj.or.jp/statistics/tk/yoshi/tk1703.htm/

「人を育てる人事・評価制度」説明会を個別に行っています

社員のやる気や能力向上を望む経営者の方、少人数の経営者同士の勉強会などに、「人を育てる人事・評価制度」を個別訪問して説明会を行っています。【浜松市の会社限定。費用は5名まで5,000円(税込)とさせていただいています。】

説明会を申込みの方に「今までの人事制度10の大きな間違い」の小冊子を、プレゼントしています。
10人以上100人未満の企業で、これから人事制度を導入しようとお考えの方、今までの人事制度がうまく機能していないと感じている方、昇給、賞与の決定方法にお悩みの方におすすめの内容となっています。

人事に対する問題や課題があれば、まずはお気軽にご相談ください。相談したからといって、無理な営業もいたしませんので安心してください。