労災保険の給付中に退職したらどうなりますか?

あくまでも一般的な回答であるため、すべての企業に適用できるものではありません。また、わかりやすく表現するためと、法改正により内容が古くなり、すべて正確に表現できていない場合もあります。当事務所では掲載内容の責任は負いません。判断や行動をする前に、専門家の方やそれぞれの行政機関・事務所にご相談やご確認などしてください。

労災保険給付中の退職の取り扱い

労災保険の給付を受けている途中で、会社の倒産や退職をした場合でも、労災保険の給付は引き続き受給することができます。

労災保険法第12条の5の第1項で、「保険給付を受ける権利は、労働者の退職によって変更されることはない。」と定められているためです。

契約社員の場合でも、長期的な休業中に契約期間が満了して退職になることがありますが、この場合でも、在職中に負った業務上のケガであれば、退職後も当然に休業補償給付や療養補償給付などが受けられます。

会社の倒産によって退職することになった場合は、自分で書類を作成して、病院や労働基準監督署に提出することになります。請求書の事業主の証明欄には、倒産で退職した場合には、省略できますので、空白のままで提出できます。